面倒な切り抜き作業はミャンマー切り抜き職人にお任せください。商品画像切り抜き 業界最安値20円〜!画像切り抜きにかかる時間とコストを極限までカット!

ミャンマー切り抜き職人ロゴ

商品画像切り抜き・白抜きはお任せください!
ミャンマー切り抜き職人

米ドルに換金[ビジネス]

の記事(ToriJun)
きれいめの100USD紙幣を扇形に広げたところ

100USD紙幣

ミャンマーではクレジットカードよりUSドルが一般的

今回のミャンマー訪問は、現地人スタッフ5名の採用。
ですから、現地人スタッフ用のPCを購入する資金も含めて、3000ドル持って行くことにしました。

現地では、航空券やホテルなどはUSドルが一般的です。
2012年11月から、VISA/MASTERについてはCB銀行でキャッシングが出来るようになりましたが、それ以外では使えませんので、ある程度現金は持って行きましょう。

円⇒USドルへの換金はどこでするのがいいか

換金は、いろいろ調べましたが、金券ショップが良いです。
通常、成田や羽田の銀行で換金すると、レート+3円程度かかりますが、金券ショップは+2円程度。1円違うと、3000ドルでは3000円の差です。ミャンマー現地スタッフ1名の月給が1万~2万であることを考えると、結構大きいですよね。

私の場合は、都内の金券ショップの大黒屋を利用しています。
規模の大きい金券ショップなので、100ドル札の在庫が豊富で、銀行から直に仕入れた綺麗なお札ばかりです。もちろん、換金の際には偽札鑑定機を通してくれます。

大黒屋 http://www.e-daikoku.com

お札は新品で!

なお、お札は、新品に近い100ドル札にします。
下記のサンプルのように「汚れ」があったりすると、受け取ってもらえない場合が多い(=お金として使用できない)ので注意です。ですから、アメリカ旅行の時に残ったお札は避けた方が良いでしょう。

20USD紙幣

20USD紙幣

FEC、小売店でUSドルを使うとき

FECという外貨兌換券(=お金)は、2012年12月の訪問で見たことがありません。
また、小売店などでUSドルを使う時は、1ドル=850チャット程度で、ちゃんと計算機を使って計算してくれ、チャットとの併用も可能でした。




お問合せフォーム

下記の項目にご入力のうえ、「確認」ボタンを押してください。
【必須】のある項目には、必ず入力してください。
※お客様からお預りする情報は、プライバシーポリシーに基づく公表事項に則り管理します。
お問合せはこのフォームをご利用ください。

会社名必須

(例)株式会社チャムズ・ソリューションズ


※個人事業主・個人のお客様はそれぞれ「個人事業主」「個人」とご記入ください
担当者名必須

(例)チャムズ 太郎

郵便番号・住所


都道府県、市区町村および番地:

ビル・マンション名および部屋番号:
電話番号

(例)03-3546-9905
※日本国外の場合は国番号から入力してください 例:+81-3-3546-9905

メールアドレス必須
お問合わせ内容必須
添付ファイル

見積依頼など、お問合せに添付するファイルをアップロードできます。
複数がある場合は、ZIP圧縮し1つのファイルにまとめて下さい。


※1枚から作業をお受け可能で、登録料などは一切ございません。
※リサイズやフィルタ加工等も承ります。多様なファイル形式にも対応いたします。