面倒な切り抜き作業はミャンマー切り抜き職人にお任せください。商品画像切り抜き 業界最安値20円〜!画像切り抜きにかかる時間とコストを極限までカット!

ミャンマー切り抜き職人ロゴ


ミャンマー切り抜き職人

手土産に喜ばれるケーキ カフェ・シュウェ・プズン(Shwe Pu Zun)

の記事(ToriJun)

ミャンマーの有名なカフェ シュウェ・プズン(Shwe Pu Zun)

ミャンマーのカフェと言えば、ヤンゴンならMoon Bakery、マンダレーのSP Bakeryなどが有名ですが、もう一つ忘れてはならないのは、Shwe Pu Zunです。

シュウェ・プズンと読みます。シュウェは黄金、プズンはエビですから、黄金のエビという名前の店です。

Lanmadawにある本店に行ってみました。

 

ショーケースに並んだケーキ。

アメリカのような、うわーこれは食べたくない・・・と思うような原色のケーキではなく、パステルカラーで、とてもキレイです。ケーキ1個9600Ksぐらいから。ミャンマー人庶民には手は出せないですが、1つ買ってオフィスに持って帰ると、スタッフの黄色い声援が聞こえるほどです。是非、ミャンマーローカル企業とのアポイントがあったら、手土産に買っていってはいかがでしょうか。

 

なかは綺麗なベーカリーです。本店には、このようなベーカリーのお店と、隣に併設されたカフェがあります。カフェの方でドリアンのアイスクリームを食べて暑さを癒やすと良いですね。

 

ミャンマーの経営者と人材の関係性

ミャンマーは使う者と使われる者が分かれています。飲食店で働くスタッフは地方から出てきた貧乏人が多く、教養も道徳観・倫理観もめちゃくちゃです。地方から出てきた同士で子供を作って、地元の親が怒鳴り込みに来る。日系レストラン同様、ミャンマーローカル企業も吐き捨てるように人材を使い倒すのが一般的です。

しかし、このShwe Pu Zunの創業オーナーは、そういうことをしなかった。結婚を心から祝福し、一緒に働ける環境を準備し、など、スタッフに対して手厚い待遇を施したと評判です。それがゆえに、お店への愛着心ができ、どんどん店舗を増やして行ったとか。

実際、この店ぐらいです。店員が生き生きしているのは。

是非立ち寄ってみて下さいね。

お店の情報

Shwe Pu Zun Cafeteria & Bekery House
http://www.shwepuzuncake.com/
Shop (1) No.246,248, Anawrahta Road, Lanmadaw Township, Yangon, Myanmar.
Tel: 95-1- 222305, 211709, 227171, Fax: 227771.


他にもヤンゴンのグルメ情報の記事をアップしています