面倒な切り抜き作業はミャンマー切り抜き職人にお任せください。商品画像切り抜き 業界最安値20円〜!画像切り抜きにかかる時間とコストを極限までカット!

ミャンマー切り抜き職人ロゴ


ミャンマー切り抜き職人

ミャンマーの観光ビザ (2020年9月30日入国分まで免除)、ビジネスビザ

         

こんにちは。
ミャンマーが大好きな仲野です。

ブログを読まれていたり、仕事でご関係があったりする方は、どんどんミャンマーに行きたくなっていることでしょう。
また、お仕事で訪れている方は、現在ミャンマーのVISA関係はどうなっているのか、気になっていることでしょう。

観光ビザ

さて、2018年10月から実施されていた、ミャンマーの観光ビザ免除施行期間ですが、延長されました。これで、2020年9月30日入国分まで、観光ビザは免除されます。

この免除される観光ビザは、入国日から30日の滞在が可能で、延長は不可能なビザになります。以前あった、入国時に1,000ドルを見せなければならない、というルールは排除されました。(当時から、物価の安いミャンマーでそんな大金使えないよと日本人の間では言われておりました。本当に提示しろと言われた人がいたのか不明、私の周りでは聞いたことありません。)また、出国の航空券を見せなければならないというルールも排除されました。

スタンプが押されたビザのページ

(撮影:筆者)

恐らく、ヤンゴン国際空港から出入国する方がほとんどだと思いますが、ヤンゴン国際空港の他は、マンダレー空港、ネーピードー空港、ヤンゴン港、タイとの国境地点では、タチレク、ミャワディー、コータウン、テーキーでの出入国が可能です。

パスポートの残り期間が6カ月以上、残りが2ページ以上必要なのは変わりないので気を付けて下さい。

ビジネスビザ

次は、観光ビザの次に多いと考えられるビジネスビザについてです。

まず大きく分けて2つのビジネスビザがあります。シングル(滞在可能日数:70日)とマルチ(滞在可能日数:3・6・12カ月)です。シングルの方は、ミャンマーから出てしまうと切れてしまいますが、マルチだと、期間内であればミャンマーと他の国を行ったり来たりできます。

因みに、アライバルビザで取得可能なのは、シングルのビザになります。

外国人立ち入り禁止地域に注意

最後に、ミャンマーには外国人立ち入り禁止地域というものがあります。普通に観光する分には引っかかることはないと思いますが、何かの用事で、有名でない地域を訪れる際は、労働・移民および人口省が発表するこちら(http://www.mip.gov.mm/restricted-areas-for-foreigners-tourist-travelling-in-the-country/ )のページを確認してください。

行きやすくなったミャンマー、是非この機会に訪れてみて下さい。

次回は、出国審査終了後、どのように市街地まで行くのかを紹介いたします。